<< タペットカバーからのオイル漏れ | main | 964:異常燃焼 >>

964:エンジンに大穴!シフトミスにご用心

JUGEMテーマ:ポルシェ

写真のようにピストンやシリンダー、コンロッドまでもが破損してしまうことがあります。

シフトミスにより、エンジンが回り過ぎてしまったのが原因です。

エンジンは許容回転数を越えると、ピストンの上がるタイミングとバルブが下がる(開く)タイミングとがずれてしまい、ピストンとバルブが衝突してしまいます。

軽く当たる分(7,500rmpくらい)には、それほど大きなダメージが受けないのですが、今回のように9,000回転以上も回ってしまうと、その衝撃でバルブは折れてしまいます。

その折れたバルブは燃焼室に転がり、再度ピストンと衝突し、コンロッドが大きく変形、さらにピストンも破壊して、シリンダーやクランクケースを突き破る結果に・・・



サーキット走行や高速走行では、1回のシフトミスでもこういった結果を生んでしまいます。
サーキットでは気持ちが熱くなり過ぎないよう、高速道路では気が抜けてしまわないようご注意下さい。
 
   
日之出モータース リンク
Topページへ
お問合せ
アクセス
営業カレンダー
            
カテゴリー
最近のエントリー
Search this site.
Others
Mobile
qrcode